先日のテニス女子・全米オープン2018で「大阪なおみプロ」が見事に、
女王・セリーナ・ウィリアムズプロを決勝戦で撃破して優勝しました。

試合中は色々なアクシデントや苦情で大ブーイングが唸ったが、
集中して試合に挑んだ大阪なおみプロに勝利の女神がほほ笑んだ。

まだ若い選手だけに今後の活躍が楽しみです。

残念なのは、
同じ、男子テニス・全米オープン2018の錦織圭プロは善戦しましたが、
準決勝戦でライバルの「ジョコビッチプロ」に14連敗の厚き高い壁に阻まれ敗退した。

<PR>
サーモメディック・パッドで癒しを睡眠を追求する 日本製

おすすめの記事